情報過多の時代でゆとり世代に問われる「アイデンティティ」【PART2】