ゴミのような記事でも書かないよりはマシなので、ゴミのような記事を量産していくことに決めた話